広告転職.com
WEB・IT・AI業界の総合求人サイト(正社員/フリーランス/派遣/副業)
  • 急募
  • 未経験者歓迎(職種)
  • 未経験者歓迎(業界)
  • 経験者歓迎

【BtoC マーケティングプランナー】総合プロデュース◎グループ初の社内ベンチャーで、お客様の課題解決につながるパッケージデザインを提案してみませんか?

パッケージデザインのプロデュースを主軸に、お客様の商品のマーケティング業務をお任せします。

サトーホールディングス株式会社(メーカー/事業会社)

1940年に竹材加工機の発明から始まり、1962年には創業者である佐藤陽が「ハンドラベラー」を発明、サプライ事業へと進出しました。ハンドラベラーは、プライスマーキング(値付け)のイノベーターとして市場を拡大し、世界的なベストセラーとなりました。その後、POSシステムの導入が本格的になった1981年、世界初の熱転写式バーコードプリンターを開発。ハンドラベラーとバーコードプリンター、この2つの事業が基盤となり、ハードウェア・サプライの開発・製造からソリューションの開発、インテグレーションまでを一気通貫で行う世界で唯一の「自動認識技術の総合メーカー」として世界90か国以上でビジネスを展開しています。

様々なバックグラウンドを持つ人々が活躍!全社員が会社を良くするための仕組みも導入!

「あくなき創造で持続可能な社会に貢献する」という共通の目的のもと、性別、国籍、文化など、さまざまなバックグラウンドを持つ人々が活躍する――それがサトーグループの目指すダイバーシティです。

サトーグループは2011年10月に、社長直下組織として「ダイバーシティ推進室」を設置し、同年12月にダイバーシティ宣言を行いました。2013年4月からは全社を横断する「ダイバーシティ委員会」に形を変え、グループ各社の社長を委員とし活動を一層強化している。現場発で様々なアクションを起こし、多様性を企業の文化、風土として根付かせ、社員一人ひとりが参画意識を持ち、グローバルに戦える革新的なアイデアの創出につなげています。

例えば、社員が自ら「こういう事業を行いたい」といって手を上げ、会社がそれを承認すれば、新規事業部として立ち上げ、その後、社内ベンチャーとして起業したこともあります。その事例の一つが、中小企業の方に対して、「良いものをもっと世の中に広げましょう!」といった志を持って2015年に起ち上げた、デザインプロ―モーション株式会社(100%子会社)です。サトーホールディングス株式会社の本業であるバーコードプリンターとは、密接な関係はないものの会社としてのサポートは十分に受けられる市場であるため、本社からの後方支援も多大に受け急成長中です。

このような取り組みが評価され、経産省「ダイバーシティ経営企業100選」も受賞。経営トップの強力なリーダーシップの下、個の強みを活かし、それを共通のゴールに結集させるダイバーシティを推進中です。

また、サトーグループには、社員全員が経営をサポートし、会社を良くするための仕組み「三行提報(さんぎょうていほう)」があります。「三行提報」は、全社員が経営トップに直接報告するサトーグループ独自の仕組みです。社員は現場でキャッチした様々な情報やアイデアを三行(127文字)にまとめて提出する。これにより経営トップはいち早く社内外の環境を把握し、必要な施策を講じることができます。「三行提報」によって提案され実現したケースは多々あり、女性社員の制服廃止やタイムカードの廃止、ランチフレックス制度の導入など。

役職や勤続年数に関係なく提案できる「三行提報」の仕組みは、経営トップの迅速な意思決定に役立つだけでなく、社員が経営者と同じ感覚でものを考える「全員参画の経営」を実現しています。

「人に投資する」「人を育てる」ための日常的な施策が充実。社員が働きやすい環境が魅力!

80年余りの歴史を持つ企業だが、創業の精神=「サトーの心」が今も社員全員に受け継がれている。また「ミッション」、「ビジョン」、「信条」も創業時より変わることなく浸透しています。これらの企業の向かう方向性やあるべき姿を一致させ、創造力を持って仕事をすることの大切さをサトーグループの全社員が意識して日々業務に打ち込んでいます。

また、グローバル展開に積極的なサトーグループならではの英語教育を実現しています。社内には多数の外国人社員が在籍し、楽しい英語イベントから、外国人講師による社内英会話教室、学習ツールの紹介まで多様なカリキュラムを展開しています。英語推進室という部署も設け施策の実施はもちろん、定期試験やCASECの必須受講で全社員のスコアを管理し、英語レベルのフォローも完璧に行っています。

結婚や出産などで一度退職した社員が復職できる制度の導入や、部門を越えた交流を促すオフィスのフリーアドレス化など、生産性を高めるための「働き方改革」も進行中です。上司だけでなく、同僚などの評価も勘案する「360度評価」を取り入れ、より透明性の高い評価制度を導入しています。健康情報の提供や健康投資を促す仕組みや健康増進アクション手当の支給など、社員がいきいきと働くことができる健康経営も始めています。

IoT時代の「最後の1cm」を担う。

今、世の中は、あらゆるモノがインターネットにつながるIoT(Internet of Things)の時代を迎えようとしています。
インターネットに接続するモノの数は飛躍的に拡大すると予測され、そこから収集される膨大なデータ(ビッグデータ)から、これまで見えなかった知見や価値を見出せる可能性に期待が集まっています。

しかしその前提として、モノと情報がつながっていなければなりません。
動くモノにIDなどの情報をタグ付けし、適切な形でリアルタイムにITシステムに渡す。
その現場作業があって初めてIoTもビッグデータも機能するのです。

タグ付けするモノが多種多様なら、そのモノが動いている環境も千差万別です。
それは宅配便の段ボールかもしれませんし、1000度以上に熱せられた製鉄所の鋼材、あるいはマイナス196度で管理されるiPS細胞かもしれません。

誰かがやらなければいけない、物理的な現場作業。
そんなIoT時代の「最後の1cm」を、モノづくりをベースとしたソリューション力、現場力に裏付けられた実践的ノウハウと課題解決へのコミット、そしてグローバルに広がるパートナーシップで担う――それが、私たちサトーです。

会社概要
会社名 サトーホールディングス株式会社
企業の特徴
  • 上場企業
  • 受賞歴あり
  • 有給休暇を取得しやすい
  • 学歴不問
  • 育児・介護休暇あり
  • 年間休日120日以上
  • フレックスタイム制
  • 研修制度
  • 住宅・家賃補助
  • 資格・支援制度
代表者 小瀧 龍太郎
設 立 1951年 5月
資本金 84億円
売上高 2019年   3月期   1,162億円   実績
2018年   3月期   1,134億円   実績
2017年   3月期   1,063億円   実績
従業員数 5307人
平均年齢 44.3歳
事業内容 自動認識ソリューション商品(プリンタ、ソフトウェア、シール・ラベル、ハンドラベラー等)の市場調査、企画・開発、設計、製造、販売、保守および販売促進ソリューションの販売
会社URL http://www.sato.co.jp/

"検討中/一括応募フォルダへ保存できる求人数は30件までです。