DXキャリア
WEB・IT・AI業界の総合求人サイト
[ 正社員/フリーランス/派遣/副業 ]

メディアレップと広告代理店の違いとは

インターネット広告の代理店にメディアレップと呼ばれる会社があります。

広告を扱う会社としてまず思い浮かべるのが、広告代理店ではないでしょうか。

では、メディアレップと広告代理店の違いは何でしょうか。

メディアレップとは

インターネット広告の一次代理店のことをメディアレップといいます。
メディアレップは広告主や広告代理店にとっては、インターネット広告の買い付け先となり、媒体社にとっては自社のインターネット広告枠を販売してくれる窓口となります。

従来、人気ウェブサイトやメールマガジンの運営会社は、広告収入を得るために自らで広告掲載希望者を募ったり、広告商品の開発などを行っていました。
しかし、それを行うためには多くの労力が必要となります。

メディアレップは、そのようなウェブサイトやメールマガジンに掲載する広告枠を発掘し、広告掲載希望者と媒体社とを仲介する業務を請け負っています。

メディアレップと広告代理店の違い

上記でも説明したように、メディアレップは、広告主や代理店にとっては広告の買い付け先で、媒体社にとっては広告枠の販売窓口です。
一方の広告代理店は、広告主と媒体社との仲介を行う会社のことです。

この2つの違いは、メディアレップは特定のウェブサイトやメールマガジンの卸売り問屋といえるのに対して、広告代理店は、様々な広告商品を取り扱う小売業者なようなものといえます。

それぞれの関係性

広告主がインターネット広告を利用する場合には、直接メディアレップに依頼する場合と、広告代理店に仲介を依頼する場合とがあります。
メディアレップは、インターネット広告の媒体社の発掘や共同での広告商品の開発、それの販売窓口などの役割があります。

そのため、広告の掲載を希望する媒体が決まっている場合、その媒体を扱っているメディアレップに直接依頼を出すことが可能です。

広告を掲載する媒体が決まっていない場合は、広告代理店に相談し、様々なアドバイスをもらいます。
そして、広告代理店が、広告主の希望に合うメディアレップに広告枠の仲介の依頼を出します。

関連記事

新規会員登録

Facenookで会員登録

Yahoo!で会員登録

ログイン

※パスワードを忘れた方はこちら

またはSNS経由でログイン Facebookアカウントでログイン Yahoo!IDでログイン

お役立ちコラム