「ロボットスタートアナリティクス」を開発

ロボットスタート株式会社が「ロボットスタートアナリティクス」を開発し、4月15日からサービスを開始すると発表した。

「ロボットスタートアナリティクス」は店舗などに置かれているロボットにインストールすることによって、視界に入った顧客を分析し来訪した時間別・日別・月別の人数以外にも顧客の性別や年齢・感情などの属性を推定する。

そして集計結果をPCやスマートフォンのブラウザ上でのレポート画面を通じて、リアルタイムで確認することができる新しいマーケティングソリューションだ。

1つと画面で確認することが可能に

またこのサービスはこれまでのインターネット上のアドテクノロジーサービスとの連携を考慮して、APIでのやりとりも可能となる予定だ。

APIによって広告主や広告代理店が現在使用しているインターネット広告サービスと、リアルでの来店者数の相関関係をひとつのレポート画面で確認することができる。

O2Oマーケティングやオムニチャネルマーケティングの実施が広がる中で、オフラインになる実際の店舗やオフィスでの集客結果をオンラインで可視化し分析できるようになる意義は大きい。

「ロボットスタートアナリティクス」の導入については、すでに使用しているロボットアプリへの組み込みや、新規接客アプリ開発とのセットでの提供など様々なタイプを用意する。なおロボットを導入していないユーザーに対しては、ロボット導入のコンサルテーションも併せて行う。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

ロボットスタート株式会社 プレスリリース
http://robotstart.co.jp/press04.pdf